度会町町長へ署名と要望書を提出しました。

ライン

伊勢新聞8月28日

度会町と南伊勢町の町境で、
安藤建設が建設を計画している風力発電事業の中止を求めて、同事業の計画地に含まれる山林の地権者の
「南中村生産森林組合」が27日中村順一町長に陳情書を提出した。有効投票数の61%が反対となった。
この結果を受け、「同事業に対し、所有地の借地を拒否する」ことが組合の総意として決定。陳情書には、
事業計画の推進に関する町行政の取り組みを、即刻中止するなどの要望が盛り込まれた。
中村町長は、地域活性化の観点から、自ら推進の立場と明言したが、「一之瀬奈々地区、特に南中村地区と
川上地区の皆さんが、ある一定の多数決がない限りは、前に進めるのが困難」と述べ、
「組合の皆さんの意見として、重く受け止めさせてもらう」と陳情書を受け取った。

中日新聞8月28日

風力発電計画の中止求め陳情書。
度会町に森林組合東京の建設会社による度会、南伊勢両町境界付近の風力発電施設建設計画について、
計画地の一部地権者である度会町の南中村生産森林組合は二十七日、計画中止を求める陳情書を度会町に
提出した。陳情書によると組合は計画の賛否を組合員92人に問い、過半数の50人が反対だったとして、
所有地を計画用に貸し出すことを拒否するとしている。町に対し、計画の即刻中止とともに、中止の告知を、
組合や南中村区民らに文章で通知する事も求めている。度会町役場で、松本康大・組合長理事ら四人から
陳情書を受け取った中村順一町長は意見を重く受け止めると話した。計画では、度会町南中村や川上などの
尾根沿いに定格出力二千三百キロワットの風車十五基を建設するとしている。
開発面積は十七ヘクタール。

ライン

Copyright (C) 度会町の自然エネルギーを考える会.All Rights Reserved.